舞鶴なび

京都府舞鶴市のグルメ・お買い物・観光情報・
イベントなどの情報をお送りします

 

舞鶴のかまぼこと言えば定番の「嶋七」ですよね?

西舞鶴
グルメ

※画像は嶋七様からの許可を貰い提供いただいております。

舞鶴と言えば日本海のお魚を楽しめる地域として有名ですが、水産加工食品のバリエーションも非常に多いものです。

その中でも、特にかまぼこが有名なのは皆様ご存知の通りですが、舞鶴のかまぼこと言えば嶋七さんがよく知られているかと思われます。

舞鶴のお土産屋さんはもちろん、生鮮食品スーパーなどでも見かけることから、食卓の定番というご家庭もあるかもしれません。

嶋七はどこにある?

嶋七は西舞鶴漁港のすぐ近くに工場があります。工場でもかまぼこの販売はされていますが、御蒲鉾 ひら天 ごぼう天以外の商品は予約制で作り置き直売はされていないので、お求めの際は必ず事前予約をしましょう。

ただ、舞鶴の各生鮮食品スーパーやお土産屋さんなどでも出品されていますので、そちらからお求めいただくのもいいかと思います。

また、ネットショップを持っておられるので、自宅で楽しむだけでなく、遠方へのお祝いや贈答用としてもお勧めです。

かまぼこだけじゃない。多種多様なラインナップ

嶋七さんと言えばかまぼこ! というイメージは非常に強いですが、実はかまぼこだけでなく、様々な水産加工食品を取り扱っています。

ご家庭で楽しめるおでんセットや天ぷら、さつま揚げの単品もあれば、贈答用ギフトとして護衛艦かまぼこセット、なんと蟹の甲羅を使って蒸した蟹かまぼこ(舞鶴かに物語)のセットまで、様々な季節やシーンで楽しめる商品ラインナップとなっています。


定番のかまぼこ


あると嬉しい天ぷら


チヂミもすっかり定番になりましたね。


贈答に最適ですが筆者も食べたい…。

いつでも楽しめる嶋七のかまぼこ

嶋七と言えば舞鶴の中でも老舗中の老舗ですが、日常生活の中に溶け込んだ「定番」を常に提供し続けているお店でもあります。

我々が当たり前のように食べているかまぼこですが、ちょっと見方を変えてみると本当にいろんな展開をされているんだなぁということがわかるかと思います。

舞鶴近隣エリアであれば多くのお店で見つけることができますので、今度はちょっと意識して多種多様な嶋七製品を探してみるのはいかがでしょうか?

関連記事

TOP